4月へびつかい座ラムダ流星群

またまた、同じようなネタですが、先日のかみのけ座β群のときも少し気になっていたのですが、4月上旬に輻射点の分布についてです。SonotaCoネットの同時流星から求めた輻射点の分布図(4月1日から5日まで)を示します。先日より観測数も増えていますので、輻射点の分布図は同じではありません。

画像


まず最初に赤経=243度、赤緯=+1度付近に3個の輻射点が固まっています。
 月日   JST    *  赤経   赤緯  地心速度   *:太陽黄経(J2000.0)
4月2日 23:39:33 12.3  243.4  +1.9   56.7
4月4日 04:08:14 13.5  242.3  +1.0   56.4
4月5日 02:40:04 14.4  243.6  +1.0   56.6

IAU MDCの流星群リストで調べると4月へびつかい座ラムダ流星群(April lamda Ophiuchids : ALO (#00517)のようです。
  出典        *  赤経   赤緯  地心速度
Andreic等2013   15.5  244.6  +1.1   55.7
Jenniskens等2018 15.8  244.9  +1.3   56.4

さてもう一つは、赤経=230度、赤緯=+22度付近の4流星です。
これは4月3/4日の1夜の観測です。輻射点は少し広がっており速度のばらつきもあるので微妙なところです。IAU MDCのリスト上ではぴったりくるものはない感じです。 はたして???

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック