4月いるか座イプシロン流星群

SonotaCoネットの4月の同時流星の輻射点図をみているとL-Ls=294、elt=+31付近に輻射点が重なっているように見えました。観測日を絞りながら見ていくと、4月12/13日の02時台に3流星がこの付近に輻射点がありました。わずか17分間に3流星です。

画像


2019年4月13日(JST)  赤経   赤緯  地心速度(km/s)
02:36:46 (22.3)     310.0   +13.6  60.5        ( ):太陽黄経
02:41:53 (22.3)     309.2   +13.3  59.2
02:53:33 (22.3)     308.5   +15.5  59.9

これは何らかの群活動かと思い、まずIAU MDCの流星群リストを調べました。
するとリストの太陽黄経20度付近に、Aplil epsilon Delphinid (AED)4月いるか座イプシロン流星群が上がっていました。

太陽黄経(2000.0)    赤経   赤緯   地心速度    出典
  20.2           307.2  +11.8   61.5      Rudawka and Jenniskens.2014
  20.0           307.1  +11.6   61.3      Jenniskens et al. 2016
  22.6           310.4  +13.1   60.7      Jenniskens et al. 2018

この流星群(AED)の活動を捉えたようです。IAU MDCの出典にはあたっていませんので、過去の活動の様子は不明ですが、今回の17分間に3流星というのは興味深いです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック